コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

コブフウセンウオ稚魚、飼育施設で初の孵化 鳥取(産経新聞)

【ふるさと便り】

 生息の実態がほとんど知られていないダンゴウオ科のコブフウセンウオの稚魚が、国内で初めて飼育施設で孵化(ふか)し、鳥取市賀露町西の「鳥取県立とっとり賀露かにっこ館」で展示されている。

 コブフウセンウオは、腹部に吸盤を持ち、日本海北部の水深200~300メートルの岩などに生息するとされるが、詳しい分布や生息環境、繁殖行動はよく分かっていない。

 同館で展示されているのは、稚魚96匹と体長8センチのオスの成魚。昨年12月に兵庫県新温泉町沖で、底引き網漁船の網にかかった巻き貝の殻の中に、直径約1センチの卵500個以上とそれを守るオスが入っていた。

 体長1・3センチほどに成長した稚魚は、成魚と同じ水槽で飼育され、泳ぐだけではなく、吸盤でガラスに張り付いたりもしている。

 同県では「山陰海岸学習館」(岩美町)にも成魚の標本があり、現在、北海道大と共同研究が進められている。

【関連記事】
完全養殖のウナギ仔魚公開 三重の養殖研究所
ウナギの完全養殖 初の成功 水産総合研究センター
サバがクロマグロを産めば…数年後に成功か
クロマグロ否決 日本、完全養殖など対策急ぐ
厳かに開催「ワカサギ・サミット」 深くて重~いテーマで激論
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

虐待の連鎖断ち切れ 社会の無関心さに警鐘(産経新聞)
村本さん死亡 東京・青山葬儀所で告別式 500人が別れ(毎日新聞)
<愛知5人殺傷>長男を簡易鑑定へ(毎日新聞)
【新・関西笑談】さらば火の玉流(3)将棋棋士九段 有吉道夫さん(産経新聞)
「大阪都で日本牽引」 橋下新党「維新の会」発足(産経新聞)
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー

<花岡事件>中国人犠牲者の無念刻む記念館オープン 秋田(毎日新聞)

 戦時中、強制連行された中国人労働者が多数犠牲になった「花岡事件」を後世に伝える「花岡平和記念館」が17日、秋田県大館市花岡にオープンした。

 日本側の「加害行為」をテーマに、強制連行の実態や事件の経緯、遺骨送還運動のパネルなどを裁判記録とともに展示。建物は、秋田杉をふんだんに使った木造平屋建て約210平方メートルで、NPO(非営利組織)の花岡平和記念会が全国からの寄付約4500万円を元に整備した。川田繁幸理事長は「加害の地に事件の事実を記録することはわが国では異例。過去の事実と向き合い、日中友好を深めていきたい」とあいさつした。

 花岡事件は、戦時中に鹿島組・花岡鉱山に強制連行された中国人が45年6月30日に一斉蜂起し、418人が死亡したとされる。

 開館期間は毎年4~10月(金~月曜日の午前10時~午後3時)。入場無料。【田村彦志】

福知山線事故 JR西 脱線防止策進ちょく状況など報告(毎日新聞)
中国公安省幹部が来日へ=ギョーザ事件で情報交換-警察庁(時事通信)
認知症の女性の顔に落書き、撮影…栃木の施設(読売新聞)
<小沢幹事長>両親「偲ぶ会」に2500人 権勢誇示指摘も(毎日新聞)
新規事業でサービス向上=斎藤日本郵政社長(時事通信)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

ビール類出荷、過去最低 1~3月(産経新聞)

 ビール大手5社が12日発表した1~3月のビール類(発泡酒、第3のビール含む)の課税出荷数量シェア(市場占有率)はキリンビールが37・3%で首位となり、35・5%のアサヒビールを抑えた。節約志向を背景に、低価格が人気の第3のビールの主力「のどごし〈生〉」が好調で、さらに3月に新しい第3のビール「1000(サウザン)」を投入してアサヒの猛追をしのいだ。

 キリンは昨年のビール類の課税出荷シェアでアサヒを9年ぶりに逆転し、首位に浮上。昨年末はキリン37・7%、アサヒ37・5%と0・2ポイント差で、今回は1・8ポイント差に広がった。

 1~3月のビール類の総出荷数量は天候不順などが響いて前年同期比5・7%減の8613万ケース(1ケース=大瓶20本換算)となり、同時期の水準としては過去最低を更新した。

【関連記事】
アサヒVSキリン 甲子園“頂上決戦” オープン戦からエキサイト
居酒屋向けが苦戦 ビール類出荷、2月も過去最低
“100円ビール”業界タブーの壁は厚く
アサヒ スーパードライ強化で「20代」取り込みへ
120周年「ヱビス」が巻き返し プレミアム・モルツと攻防激化

暴力団関係を名乗る男、NHKに抗議電話(読売新聞)
成田発着便も欠航相次ぐ…アイスランド噴火(読売新聞)
<COP10>会議で出るCO2 「排出権」の購入で相殺(毎日新聞)
明石歩道橋事故 元副署長を聴取 指定弁護士 録画・録音の方針(産経新聞)
村木被告の元上司、小豆島町長に初当選(産経新聞)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

ヒト属祖先? 新種猿人 南アフリカ、190万年前の化石(産経新聞)

 南アフリカの洞窟(どうくつ)で、190万年前ごろの猿人の化石が発見された。この化石は猿人から原人への進化の過渡期的な特徴を持ち、現生人類(ホモ・サピエンス)を含むホモ(ヒト)属の祖先にあたる可能性があるという。南アフリカ、米国などの国際研究チームは新種の猿人として「アウストラロピテクス・セディバ」(セディバ猿人)と名付け、8日付の米科学誌「サイエンス」に発表した。

 現生人類やネアンデルタール人、ジャワ原人などが含まれるホモ属は、およそ200万年前にアウストラロピテクス属の猿人から進化したという説が有力だが、その起源はよく分かっていない。

 研究チームは2008年8月、195万~178万年前の洞窟堆積(たいせき)層から、2体の部分的な化石骨を見つけた。30歳前後の女性と8~9歳の少年と推定され、身長はともに約130センチ。寄り添うような発掘時の状態などから、ほぼ同時に死亡したとみられる。

 頭蓋(ずがい)骨の大部分や骨盤、足首など見つかった化石の状態は良好で、研究チームは、脳の容量や上半身の骨格からアウストラロピテクス属の猿人と分類。歯の大きさや骨盤など初期のホモ属と同じ特徴がみられることから、ホモ属の祖先である可能性があるとした。

 年代的には、代表的なアウストラロピテクス属のアファール猿人よりも約100万年新しい。この時期の化石資料は極めて乏しく、今回の発見は猿人からホモ属の原人への進化の過程を探る手がかりになりそうだ。研究チームは「樹上生活が多く小柄だった祖先(猿人)から、大柄で完全二足歩行動物となったホモ属へと、徐々に進化を遂げていったことが、今回の発見で明らかになった」としている。

1日1回投与の鎮痛剤でライセンス契約―日本新薬(医療介護CBニュース)
法務省看板に朱色墨汁=男の身柄確保-警視庁(時事通信)
外相と米大使が会談=普天間めぐり意見交換(時事通信)
たちあがれ日本 憂国の石原知事 「血が煮えたぎってる」(産経新聞)
<COP10>会議で出るCO2 「排出権」の購入で相殺(毎日新聞)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

道路予算 民主要望、9割反映 参院選“苦戦”の県、優先(産経新聞)

 平成22年度の国の直轄国道の予算配分に、民主党や都道府県の要望が9割近く反映されていることが4日、国土交通省が発表した国の公共事業別予算配分(個所付け)に基づく産経新聞の集計で分かった。利益誘導の実態があらわになった格好。また、夏の参院選で民主党候補の苦戦が予想される選挙区には特に手厚く配分したようだ。鳩山由紀夫首相が掲げてきた「コンクリートから人へ」という理念は、選挙優先主義の前でねじ曲げざるを得なかったとみえる。

[表で見る]47都道府県の道路予算の個所付け(2)
 知事や民主党都道府県連の要望(321件)のうち、個所付けに反映されたのは280件、反映率は87・2%。要望がすべて反映されたのは23都道県。金額ベースでは概算要求比で、平均23%増加した。3割以上アップも12都道府県に上った。

 最も増加率が大きかったのは鳥取県の47・1%。同県は前回衆院選で、民主党が県内で全敗しており、同党にとって重点選挙区の一つ。同様に全敗した福井県も38・6%増(増加率5位)だった。一方、支持基盤が盤石な小沢一郎幹事長の地元、岩手県は要望反映率54・5%、増加率24・8%と低かった。弱点区に手厚く、万全の選挙区には薄いという配分の仕方は、個所付けが参院選対策だったひとつの証拠とも言える。

 民主党は昨年末、地元からの予算に関する要望をもとに、同党の政党要望を政府に突きつけた。その際、自公政権時代のやり方を一変させて地方からの陳情、要望の扱いについては受け入れ窓口を都道府県連を通じる形で幹事長室に一本化した。この結果、自公政権時代よりも与党の政治的な思惑を予算にストレートに反映しやすいシステムになった。

 前原誠司国交相は昨年10月に直轄国道の新規着工の原則凍結を表明、3年以内の完成が見込めない国道約150路線を凍結する方針を示した。だが、実際は継続事業のほとんどに予算配分され、凍結されたのは青森県の国道7号浪岡バイパスなど4路線だけ。脱コンクリートは、かけ声倒れの印象はぬぐえない。

 前原氏は3月30日の記者会見で、個所付けが民主党の選挙対策と指摘されることについて「新規を全部凍結したことで地方からは批判されているし、継続事業については厳密に精査した」と述べて否定した。だが、「自公政権よりあからさまなやり方だ」(自民党中堅)との批判は消えそうにない。

【用語解説】個所付け

 道路、河川整備など公共事業の予算、補助金を地域の個別事業に配分すること。国土交通省が予算成立後、各地方整備局を通じて自治体に通知する。与党議員が地元への利益誘導を図るため、個所付けに影響力を及ぼす場合がある。

【関連記事】
“参院民主の乱” 「公共事業止めるな」 子ども手当「評判悪い」
箇所付け問題で、鳩山首相が前原国交相を口答注意
個所付け 思惑絡む公共事業予算配分
要望部分削った?個所付け資料判明
個所付け問題で予算委紛糾 自民が怒るワケ

<相模原市>全国19番目の政令市に 神奈川県で三つ目(毎日新聞)
自民、5月決着先送りなら首相退陣を=普天間で与野党幹部が論戦(時事通信)
二重投票、「想像もせず」=鳩山首相(時事通信)
竹島ヘリポート 韓国が大規模改修 周辺に基地 日本の対応不明(産経新聞)
<普天間>「腹案は既に用意している」と言明…鳩山首相(毎日新聞)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

<杉並「夜スペ」>学校使用は正当 東京地裁判決(毎日新聞)

 東京都杉並区立和田中学校の有料授業「夜スペシャル」(夜スペ)を巡り、区が学校施設の目的外使用を認め使用料を免除したことの無効確認を求めた訴訟の判決で、東京地裁は30日、区民らの訴えを退けた。岩井伸晃裁判長は「区が夜スペを公益性ある事業と認めたことには理由がある」と述べた。

 区民側は「私塾による一部生徒のみの有料授業は公教育の逸脱」などと主張したが、判決は「参加費用の減免措置をとり、私塾への支払いが実費にとどまっていることなどから、夜スペは収益を目的とする営利事業とは言えない」と否定した。【伊藤直孝】

<トキ>産卵の可能性…佐渡で営巣のつがい1組 環境省(毎日新聞)
門前払い避けた米政府 「継続使用」伝達のタイミング計る 普天間移設問題(産経新聞)
<福島消費者相>国民生活センター理事長の適任者なし  (毎日新聞)
乳児虐待死の父が起訴内容否認「まったくの間違い」(産経新聞)
搭乗型移動ロボ 公道走行へ つくば市が実証実験特区に(産経新聞)
このページのトップへ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。